ScrapeApe_logo

日々のブラウジング・ネットでの情報収集を自動実行。
たまった実行結果を履歴で確認できる、今よりちょっと幸せな毎日を。



ScrapeApeはあなたが登録した情報をもとに、任意のwebサイトから自動的・定期的に情報を収集するwebサービスです。
クローリングやスクレイピングと呼ばれる少し専門的な技術を使っていますが、
簡単に言うとScrapeApeが自分からネットサーフィンをして、 あなたの代わりに情報収集をしてくれるようなものです。
 


スクレイピングって?


スクレイピングは、任意のwebサイトの特定部分を削り取る技術です。
ScrapeApeではスクレイピング情報を自由に登録していただけ、登録されたスクレイピングが毎日自動で実行されます。

pc

どんなときに使える?


毎日同じサイトを見て何か確認していることは無いですか?
競合の会社の製品の価格をチェックしたり、新しいコンテンツがアップされていないか見たりといった、日々の同じような作業を楽にできます。

clock

使いやすいの?


スクレイピングなんて耳慣れない単語があると、使いにくそうに感じるかもしれません。
登録作業はコピペコピペでポンと完了します。念のため使い方をこのページの下の方でご紹介しています。御覧ください。

light

スクレイピング登録の方法


例として、産経ニュースさんのトップニュースを取得するスクレイピングを登録する手順をご紹介します。

inst1


① Google Chromeでサイトにアクセス。URLをコピーします。ここで注意して頂きたいのが、ログインなど無しで直接アクセスできるサイトのURLにする、という点です。SNSなどはログイン処理部分でスクレイピングがブロックされてしまいます。
 

inst2


② スクレイピングしたい箇所で右クリックし、『要素の検証』をクリック。するとデベロッパーツールが右側に現れます。
 

inst3


③ 現れたデベロッパーツールで青くハイライトされている部分(②で選択した部分を示しています)で再度右クリックして、『Copy Xpath』をクリック。これで"ページの中でどの部分を示すか"を意味するXpathがコピーされます。
 

inst4


④ ScrapeApeでスクレイピングの名前を自由につけ、先ほどコピーしたURLとXpathを入力、『テスト』ボタンを押します。このように、無事スクレイピングが成功し、取得したいと思っていた部分が削り取られていれば、『保存する』ボタンにてスクレイピングが登録されます。